DIET

これを守れば痩せる!やけ食いを防ぐ生活習慣2つのポイント

yakegui-kaizenpoint

ストレス解消のはけ口が「食」しかない人が太る

急激に太ってしまった人というのは、病気でもなければ直接の原因は大抵「やけ食い」「ドカ食い」にあると言って良いでしょう。しかし、なぜそんなことをしてしまうのでしょう‥。現代人はこの社会上において常に大なり小なりストレスに晒されています。「やけ食い」「ドカ食い」の理由を問われたとき「多分ストレスのせいです。」と答える人のなんと多いことか‥。

それゆえに多くの人は、その溜まってしまったストレスをなんとかして解消(消化)しようとします。ストレスを溜め込んだままにしておくのは健康に良くないですし、ひょっとしたらこのストレスが原因でこの先何らかの病気になってしまうかもしれない‥。そんな風に考えると大抵の人は今感じているこのストレスをなんとかして解消しておかなければ‥と思うでしょう。

「タラれば」思考は常に私たちの頭をよぎっているものです。特に現代人の死因トップにくる生活習慣病というのは、きっかけがストレスであることが非常に多いと言われていますからね。結局多くの人はストレスがうまく解消できなくて、食や飲酒、たばこといった悪い生活習慣に陥ってしまい、命に関わるような生活習慣病をも発症してしまうことに繋がることが多々あるわけです。

このストレスに関してですが、例えば公私問わず日常で何か嫌なことがあった時や、仕事でずっと立ちっぱなしの人や座りっぱなしの人、過度の肉体労働によって疲労が蓄積してる人、これらは皆かなりのストレスを感じているものです。

でもちょっと待ってください。そもそもストレスの量なんて測定できるものではありませんし、ストレス解消って言葉はよく使われますが、そもそも私たちのストレスって無くす(消す)ことができるのでしょうか‥?

何かがうまくいかない時、急な不幸が起きた時、先行き不安な時、仕事でもプライベートでも私たちは常にさまざまなストレスに晒されているのが現実です。そんな中で私たちは気分を正常に保つためにあれこれ自分なりの工夫でストレス(気分)解消をして毎日をなんとか過ごしているわけです。

要するにストレスって単なる気分の問題に過ぎないんですね。ストレス解消でやけ食い・ドカ食いをしてしまうという人は、日々の仕事やプライベートによって溜まってしまったストレスを解消するという理由で、「食」に逃げているのです。

「食」というのは生き物全てが持っている最も重要な生理的欲求ですからね。‥要するに生き物全てに当てはまり、誰でも気分を満足させることができる唯一の方法が「食」なのだということが言えます。

仮に理性の無い動物の場合、目の前に食べ物があれば食べてしまうのはごく普通のことです。それが好きな食べ物・おいしい食べ物であるほど満足度(気分)もアップします。食べ始めれば満足いくまで食べ続けるというのもごく普通のことです。

野生の動物は常に厳しい生存競争に身を置くことで、生きる目的のみの「食」に留まることができますが、人間の場合はお腹が空いていなくとも必要以上の食べ物がすぐ手に入り、生きる目的を超えた必要以上の「食」も容易な環境にあるということが言えます。そうした環境に身を置いてしまうことで、誰でも太るのは避けられないでしょう。

大切なのはそうした環境を自身の周りに作らないこと。こうしたことはもちろん筆者自身にも言えることですが、普通、人は目の前に食べ物があれば、よほど嫌いなものでない限りそれをつい口にしてしまいます。当然ですよね‥人も動物には変わりないんですから。

ポイント①ジャンクフードを買わない・置かない

誰でも生活環境が悪ければ太る可能性は高いと言えます。「食」に囲まれたような生活環境を自ら作ってしまう人というのは当然、そうした環境を生理的に望んでいるから作ってしまうわけですから、やけ食い・ドカ食いからはもはや逃れられません。太らないためには、そうした生活環境を作らないことがとても大切です。

そうした悪い生活環境の代表的なものが、ジャンクフードに囲まれた環境です。ジャンク‥つまりは役に立たない、栄養価のバランスを著しく欠いた調理済み食品のことを言います。言ってみれば「ガラクタ食品」などとも形容されますね。一般にはインスタント食品やお菓子類、ファーストフード(揚げ物やハンバーガー、ピザ‥等)などがこれに該当します。

これらを主食にしてしまっている不健康な人は結構多いのではないかと思います。太らないためにはそうしたものを自分では極力買わない・置かないことが大切です。

その他にも例えば、一緒に住んでいる家族の誰かがいつもお菓子を買い置きする習慣が付いていたり、仕事や付き合いなどで食べ物を貰う機会が多い人などはツラい環境といえるでしょう。特に遠ざけたい和菓子などは貰い物でよく目にするものですね。自分ではそうした環境は作っていないつもりだし、作りたいとも思っていないにも関わらず、そうした環境に身を置かざるを得ない現状なわけですからね。

そんな環境に居ると、自分では食べないように自制していても、何か嫌な出来事があったりしてストレスが溜まると、すぐに‘ストレス解消(病気になったりしたら大変!)’という名目のもとにタガが外れてしまってやけ食いしてしまったり、1口食べたのをきっかけに食べるのが止まらなくなってしまったり‥といったことに繋がってしまいます。

1つ悪い例があります。筆者の会社の職場に居る一人の女性は、仕事帰りにコンビニで揚げ物やパスタ類などを毎日のように買って帰っています。あらかじめ買っておいて職場で食べて帰っている姿もよく見かけます。

これら調理せずに温めるなり何なりですぐ食べられるようなものはまさにジャンクフードの代表例といえますが、筆者に言わせてもこうしたパスタや麺類っていうのは栄養価が低いというのはもちろんのこと、もはやただの‘糖質の塊’のように見えます。

一方、揚げ物に関してはモノによるところもあります。鶏肉を使ったチキン、焼き鳥などはまだ栄養価も含まれている食べても良い食品だとは思いますが、一方でそうではないものの代表例として、ホットドッグやフライドポテト、ハッシュドポテトなどがあります。これらは高糖質で、非常に太りやすい食べ物なのでなるべく日常的に食べることは避けたいものです。

食べないのが一番ですが、好きな人にとっては止められないものだったりしますので、そんな人は月イチなどたまに食べるくらいに自制すれば良いかと思います。とにかくもし痩せたい・太りたくないのであれば、基本的にジャンクフードは買わない・置かない、貰っても他人にあげるようにして自制することを、日常的に心掛けたいものです。

ポイント②「食」以外のストレス解消をもっておく

現代人は人と接して生きる限りもはやストレスからは逃げられません。それゆえに人それぞれ、自分なりのストレス発散方法を持っておく必要があります。「食」というのが誰もが出来て最も簡単なストレス発散方法であるがゆえに、つい誰でも「食」に逃げがちになってしまいますが、それが不健康の元であり、何よりの太る原因になりやすいのが現実ですからね。

「食」以外のストレス発散方法を持っている人は世の中たくさん居ます。例えばカラオケや映画鑑賞、ボーリング、マッサージ、アロマテラピー、買い物、友人との談笑‥などがありますね。これらは多少お金がかかるものも多いですが、これらでストレス発散を自覚できるのであれば、願ったり叶ったりではないでしょうか。

カラオケやボーリング、マッサージなどは非常に健康的ですし、アロマテラピーは心身共に非常にリラックスできるおすすめのストレス発散方法で、女性に特に人気がありますね。こうしたものでストレス発散できる人というのはとても素晴らしいものです。

ストレスを「食」で発散する人というのは、その多くが1口食べたが最後‥食べるのが止まらなくなって、欲求は抑えられなくなります。そうした食べるのが止まらなくなる食べ物ってよくありますよね。

例えばポテトチップスやフライドポテト、スナック菓子や糖質の多いおつまみの類です。そうしたものを食べてストレス発散する人に限って、さんざんやけ食いした後になって食べ過ぎてしまったことに対する後悔であったり、食べるのを我慢できなかった自分への自己嫌悪といったネガティブな感情に見舞われます。そしてさらにストレスが溜まることになり、さらに食べる。悪循環です。‥ストレス発散目的に食べて、逆にストレス溜めてちゃ世話ないですよね。

どうしてもストレス発散方法が「食」になってしまうという人は、何か低糖質で栄養価がそれなりにある食べ物の中から、自身のストレス発散になるほどの好きな食べ物を見つけておくと良いかと思います。もちろんジャンクフード以外でね。世の中とっても美味しくて栄養のある食べ物はいくらでもあるものです。

しかしながらそれらは自分で食材を選んでの手間暇かけた調理が必要であることが多いので、忙しい現代人はついつい手軽に食べられるファーストフードや調理麺類、スナック菓子なんかに手が伸びてしまいます。時間は誰にとっても大切なものですが、その時間を惜しんでいては太る食事は避けられません。太らない健康的な食事をするには、ある程度時間を使って食事する必要があることを理解しておきましょう。この時間は自分自身の健康への投資でもあるのです。

ダイエット関連記事

https://yuuki.blog/selfdiet-3point/

https://yuuki.blog/everyone-diet/

https://yuuki.blog/personaldiet-success/

あなたの人生を変えるライザップのカウンセリングへ!
RELATED POST