DIET

ライザップをはじめとするパーソナルトレーニングでダイエットが成功する仕組みを徹底分析

personaltraining-diet
この記事の内容
  1. 基礎代謝量をアップさせることがダイエットの鍵
  2. なぜ筋トレが基礎代謝のアップにつながるのか?
  3. ダイエットを成功させたいならパーソナルトレーニング
  4. 本当の太る原因・太る体質とは

基礎代謝量をアップさせることがダイエットの鍵

人の身体は、運動をすることや生命活動によってエネルギーを消費しながら活動しています。その消費エネルギー全般のことを「代謝」と呼びます。この代謝活動には寝ていたり全く活動していなくとも消費する「基礎代謝」と、運動などにより消費する「生活活動代謝」、そして消化・吸収などで消費される「DIT(食事誘導性体熱産生)」などがあります。

例えば健康のために毎朝近所の川べりをジョギングをして汗を流している方をよく見かけたりするのですが、こうした有酸素運動による代謝活動は「生活活動代謝」に含まれます。これらの代謝活動のうち、基礎代謝が全消費エネルギーの約7割を占めるとされています。

近年、効率的なダイエット方法として最も注目されているポイントの1つに、この基礎代謝量をアップさせることというのがありますが、その理由がよく分かりますよね。

「代謝がアップする」=「エネルギー消費量が増える」⇒ 痩せやすい身体になる(⇒つまりは効率的なダイエット)

「代謝がダウンする」=「エネルギー消費量が落ちる」⇒ 太りやすい身体になる(⇒少し食べ過ぎるとすぐ太る)

上記のように、代謝がアップするということは単純に1日のエネルギー消費量が増えるということであり、それはつまり極めて効率的なダイエットに繋がるわけです。基礎代謝というのはこの代謝活動(全消費エネルギー)の約7割を占めるわけですから、1日の代謝アップを目的とする上で、基礎代謝のアップはダイエットにおいて絶対に無視できない要素といえるのです。

なぜ筋トレが基礎代謝のアップにつながるのか?

人の身体が1日に消費するエネルギー量のうち、基礎代謝によって消費されるエネルギー量は約7割を占めるというのはお分かりいただけたと思います。基礎代謝が人体でこれほど多くのエネルギー消費をもたらしていたとは驚きですよね。

ダイエットでは日々摂取するカロリー(エネルギー)量に負けないくらいに、日々エネルギーを消費することが大切ですから、基礎代謝の重要性には頷けるところだと思います。‥ではその基礎代謝をアップさせるためになぜ筋トレが重要とされているのでしょうか‥。筋トレ(筋肉トレーニング)による効果とは筋力アップ。‥すなわち筋肉を付けることにあります。

ではここでちょっとした問題です‥。基礎代謝こそが人が1日に消費するエネルギー量のうち約7割を占めているわけですが、ではこの基礎代謝が最も多く行われているのは一体人体のどの部位だと思いますか?

答えは、そう。お察しの通り「筋肉」なのです。

足先から頭に至るまで‥全身に広がる筋肉こそが、基礎代謝が最も多く行われている部分だったんですね。この筋肉で行われる基礎代謝量は身体全体の40%近くにもなると言われています。これはもうとんでもなく多い割合といえます。もはや他の部位とは比較になりません。

ちなみに筋肉の次に多く基礎代謝が行われているのが体内の各臓器になります。体内の各臓器で一番基礎代謝量が多いのは肝臓で、約12%程度とされています。次いで多いのが胃腸で8%弱、‥そして次に腎臓、膵臓、心臓、脳と続いていきます。

これらのことから、ダイエットにおいて基礎代謝量アップのためには、単純に筋肉量を増やすことが極めて効率的な方法だというのがお分かりいただけるかと思います。そしてその筋肉量アップのために最も効果的なことというのがやはり筋トレになってくるわけですね。

大抵の方は何となくでもお分かりだと思いますが、筋肉というのは何もしなければどんどん減少してしまうものです。人間の身体というのは、それ自体は呼吸や発汗による体温調整など必要最低限のエネルギーさえあれば維持できてしまうものなので、有るだけで大量のエネルギーを消費してしまう筋肉は、比較的最初のうちに削ぎ落とされてしまう存在なのです。

これも不要なものは体外に排出するという人体の仕組みの1つといえるかもしれません。ある意味悲しいですが、役に立たない要らないものをわざわざ体内に置いておく必要はどこにもありませんからね。例えばパソコンのセキュリティソフトが画面上で指摘してくる文言で「○○(ソフト)は1年間使用されていません。アンインストールしますか?」といったものがあります。ご覧になった方も少なくないのではないでしょうか。個人的にはこれに結構似ているのではないかと思います。

パソコンに全く使わないソフトを入れておくのは単なるハードディスク容量の無駄使いでしかありませんからね。同様に人体の中にも全く使わないもの(筋肉)をいつまでも持っておくのは意味がないのです。ゆえに私たちは今の筋肉量維持のために、トレーニングなどによって日々筋肉を使うことをしていく必要があるのです。

また、私たちの身体は日々最低限のトレーニングさえしていればとりあえず今の筋肉量は維持できるようになっていますが、それだけではなく積極的な筋力トレーニングを定期的に行っていくことで、筋肉量は現状維持のみならず、大幅アップできるようにも作られているのです。これは「超回復※」という理論に基づいてくる人体の仕組みによるものです。全てはこの仕組みにより、私たち人間の身体は筋力トレーニングを行うことで筋肉量が増え、それが基礎代謝アップにも繋がっているのです。
(※超回復・・・筋肉はトレーニングによって負荷をかけることで損傷します。その損傷した状態から今までよりも強く大きな筋肉を作るようにという脳からのシグナルを受けてのダメージ修復作用のことを超回復といいます。)

ダイエットを成功させたいならパーソナルトーレニングがおすすめ

今多くのダイエッターに人気のパーソナルトレーニング

これまでどんなダイエットに挑戦しても痩せることが出来なかったり、例え痩せることができてもその度に必ずリバウンドしてまたすぐ元の体型に戻ってしまったり‥といったことを何年も何年も繰り返してきたような人たちの多くが、今各々の選んだパーソナルジムの門を叩き、パーソナルトレーニングに挑戦することで、ダイエット成功者が続出しているのです。

ところで、パーソナルジムといえばテレビのビフォーアフターCMが印象深いあのライザップが有名ですね。「結果にコミットする」のキャッチフレーズで多くのダイエッターに希望を与えている存在です。このライザップを参考にご説明させていただくのがとても分かりやすいかと思います。なぜこれほど多くの人たちがパーソナルトレーニングによって大幅なダイエットに成功出来ているのか‥。

パーソナルトレーニングを知らなかった方や、ずっとダイエットに失敗し続けてきた方にとっては実に不思議な所だと思います。ただ、ライザップの場合はその素晴らしいダイエット効果を得られている方が他のジムとは比較にならないほど多く、現在では会員数10万人超えとなっているほどです。

あわせて読みたい
ライザップ初回カウンセリング
【ライザップ体験談】RIZAP無料カウンセリングに行ってきました。店内の様子と当日の流れを解説します。[見本付] おすすめ【RIZAP】今までのカラダを脱ぎ捨てろ!Befor Afterはこちら 割引情報【RIZAP】誰でもライザップで5万...

一概にパーソナルトレーニングだからどなたでも素晴らしいダイエット効果を得られるというわけではなく、ライザップをはじめとした実績あり、充分な設備が整っていて、自社ダイエット理論がしっかりと確立されているジム選びをすることや、良いパーソナルトレーナーに出会えることこそが、パーソナルトレーニングダイエット成功の秘訣といえます。

パーソナルトレーニングの目的とは、ダイエットのみならずボディメイク全般なので、どういった体型を目指すのか‥という目的は人それぞれになってきます。しかしいずれの場合でも、ダイエット含むボディメイク全般で指導される内容としては大きく分けて「トレーニング内容」と「食事管理」の2つです。

ライザップの場合、トレーニングは正しいフォームによる最も効果的な筋力トレーニングがトレーナーとのマンツーマンで行われています。基本的な筋力トレーニングメニューやそのやり方については本やインターネット上のスポーツ・ダイエット専門サイトなどにいくらでも書いてありますが、所詮本やインターネットにある説明文や絵を見ただけでは正しい筋トレのフォームを理解するのは難しいのが現実です。

それらを見ることで正しいフォームによる筋トレが実践できるのであれば、この世の中で一人ダイエット成功者がもっと続出しているはずですからね。やはりパーソナルトレーニングの魅力の1つとして、自分専任のトレーナーがマンツーマンで個々の目的に沿った正しい筋トレフォームを教えてくれることにより、極めて効率的な筋肉量アップ‥ひいては優れたダイエットトレーニングが可能となることがいえます。

また、トレーニング面だけでなく、日々の食事管理も含めてダイエットには「停滞期」というものが存在します。この時が多くのダイエッターがダイエット失敗に終わるある意味勝負の時期と言っても良いでしょう。どんなにトレーニングや食事管理を頑張っても体重がほとんど落ちなくなり、今やってることの意味を大抵の人は見失ってしまうのです。それ故にこの時期を境にせっかく落ちていた体重が元に戻ってしまうのが、一人でダイエットに取り組んでいる方のほとんどが嫌でも通る道筋です。

しかしこれがパーソナルトレーニングで、そばにいつも専任トレーナーが居てくれるとなると話は違ってきます。「なぜ体重が落ちなくなってしまったのか‥?」「一体今自分の身体はどういう状態(段階)なのか‥?」というその時々の質問にも適切に答えてくれるパーソナルトレーナーの存在があることで、現状を見失うことなくそうした停滞期をもムリなく乗り越えていくことができるのです。

本当の太る原因・太る習慣とは

キーワードは「低糖質食」

ダイエットにおける食事管理に関しては、今の時代「低糖質食」が最も多くのパーソナルジムで推奨されています。

人が太る最も大きな原因としては、一昔前までは脂質(脂肪)が挙げられていました。痩せたいなら脂っこいもの(脂質)はなるべく避けるべし!という考え方ですね。例えば肉類や揚げ物、ポテトチップスなどが代表的です。これらに含まれるこれまで太る原因とされてきた脂質というものは、今では必ずしも太る原因とはならないという見方に変わってきています。「やせたければ脂肪をたくさんとりなさい」という人気著書もあるくらいです。

脂質は確かに摂りすぎると身体に溜め込むことになり、太る原因の1つとなり得てしまいますが、それはあくまでも脂質という成分における1つの側面に過ぎないのです。脂質自体は食品に成分表示が義務付けられている5大栄養素の1つであり、一定量は人間の生命活動に必須の成分でもあるのですからね。良質な脂質の適度な摂取はむしろ私たちのダイエットを助けてくれるものでもあるのです。

では今の時代、何が最も大きな太る原因とされているのかといいますと、それこそが「糖質」です。糖質とは食物繊維とともに炭水化物を構成するこれ又5大栄養素の1つでもあります。一般食品に含まれる食物繊維量は糖質量に比べて微々たる量であることが多いので、大抵の食品においてはもう糖質≒炭水化物であると、ほぼイコールと捉えて問題ないでしょう。

そして、この炭水化物は日本人の主食である米や麺類、パンといったものの主成分であるが故に、私たちは日々の食生活でついつい摂りすぎてしまうことが少なくないのです。これが多くの現代日本人が太ってしまっている原因と言えるでしょう。

例えば私たち大人が子供の頃に、ガキ大将と呼べるような子供は誰しも必ず周囲に一人くらい居たのではないかと思います。そうしたガキ大将というのは決まって大食漢で、太っていた(あるいは太り気味だった)のではないかと思います。そうした子供は大抵毎日の食生活でご飯などの食べ過ぎ(炭水化物の摂り過ぎ)でそんな風に太ってしまったと考えられます。また、栄養の偏りにより短気だったりもするがゆえにガキ大将的な威張った感じになってしまうのでしょう。

また、一般家庭の主婦をされてる方の中にも太っている方が日本にはかなり多いですよね。これは一日中家に居て家事をしているであったりの、日常であまり動かない生活習慣も原因だったりもするでしょうが、それとは別に食の原因も大いに関わっていると考えられます。

例えば朝食の残り物を自身のお昼ご飯に回したり、その昼食においても「少し残しても勿体ないから‥」という理由で大抵毎日全部平らげることを徹底している主婦の方は少なくないのではないかと思います。なるべく残らないように毎日作る料理の量を調整できたらいいのでしょうが、家族の人数が多いほど日によっても食べる量が違ってくる場合もあり、なかなか丁度良い量作るのは難しいでしょう。

食べ物を粗末にするのは良くないことですし、そうした考えは日本人の美徳の1つでもあると思いますが、しかしながら果たしてそれが本来あるべき正しい形と言えるのかというと、これに関しては筆者としては意義を唱えたいと思います。私たちにとっての日々の食事の目的とは、毎食時における食欲を満たして充分に満足するというあくまでも「健康」第一のものであるべきです。ゆえに、残り物を食べる時も含め、日々の食事で充分に満足出来ているのに、その段階を超えてまで無理に食事をする必要はないということを言わせていただきます。

せっかく作った食事を一部捨てるであったり、残り物を捨てるといったことは確かに誰が見ても勿体ないことで抵抗はあるかもしれませんが、しかしながらそれと引き換えに太ってしまったり健康を害してしまっては元も子もありませんよね。

その時々ではちょっとくらいなら‥という気持ちで私たちは軽く考えてしまいがちですが、毎日の食事で自分がすでに充分に満足をしているのであればそれを超えてまで無理に食事をしたり残り物を食べたりする必要はどこにもなく、そういった場合はもったいない気持ちを抑えて思い切って捨てる勇気を持つことも、自身の健康を第一とする考えのもとに大切なポイントといえるのではないかと思います。

もったいない気持ちを抑えて思い切って捨てる勇気

もちろん、最初から作る食事の量を毎回しっかり調整して、必要な分だけ食事を作ることで、そうした食べ物を捨てたりする必要性を生まないことができれば、それが何よりだというのは言うまでもありません。しかし、それがなかなか難しい現実であるが故に、健康第一・標準体型の維持を第一に考えるならば、時には捨てたほうが良いのだということをあえて強調して主張させていただきます。

ダイエット関連記事

あわせて読みたい
selfdiet-3point
【自宅でダイエット】食生活で気をつけるべき3つの基本知識。ココを改善するだけで痩せる! ①夕食はなるべく早めに食べる! 夕食こそ健康・ダイエットを考える上で食生活のポイントだと言われています。ダイエッターにとっ...
あわせて読みたい
everyone-diet
【基礎知識】誰でも気軽にできる!3つの効果的なダイエットトレーニング 有酸素運動 ダイエッターに人気No1のダイエットトレーニングがウォーキング。誰でも手軽にできて効果・やりがいともに充分に実...

ライザップ中の動画と今の体型はインスタグラム限定公開

ライザップ専用インスタグラム

無料カウンセリングに進む

店舗を探す公式ページ

ライザップは全国展開中!お近くの店舗を確認する↑

このページをご覧になっている方でライザップへの入会を本気で考えている方は、私のLINE@にご連絡ください。少しでもお安くライザップに入会する方法をお教えいたします。

私のライザップ体験記
30代男性のライザップ体験談

カウンセリング編

ライザップ無料カウンセリング
ライザップ体験記RIZAP無料カウンセリングに行ってきました。店内の様子と当日の流れを解説します。[見本付]

契約編

ライザップ契約の流れ
ライザップ体験記RIZAPに入会しました!利用契約書と支払い方法について解説します。[実物付]

トレーナー編

ライザップトレーナードキュメンタリー動画
ライザップ体験談ライザップトレーナーってどんな人たち?普段見られない舞台裏のドキュメンタリー動画

セッション編

rizap-session1
ライザップ体験記RIZAP 1回目
ライザップ体験記RIZAP 2回目
ライザップ体験記RIZAP 3回目
ライザップ体験記RIZAP 4回目
ライザップ体験記RIZAP 5回目
ライザップ体験記RIZAP 6回目
ライザップ体験記RIZAP 7,8回目
ライザップ体験記RIZAP 9,10回目
ライザップ体験記RIZAP 11,12回目

海外セッション編

rizapshanghai-session1
ライザップ体験談海外RIZAP 1,2回目
ライザップ体験談海外RIZAP 3,4回目
ライザップ体験談海外RIZAP 5,6回目
ライザップ体験談海外RIZAP 7,8回目

食事編

rizap-teitoushitsu
ライザップ体験記低糖質食メニュー4つのポイントと実例まとめ

紹介割引編

誰でもライザップで5万円分紹介割引を受ける方法
割引情報【RIZAP】誰でもライザップで5万円紹介割引を受ける方法

【質問】ライザップに通う時間はある?

ライザップ
通う時間はある
通う時間もない

ライザップ専用インスタグラム
フォロワー1500人超えました

ライザップ専用インスタグラム